2011年12月23日

ゴヤ展 国立西洋美術館



東京へ行く用事があったので、時間は短めでしたが
プラド美術館所蔵の作品を紹介するゴヤ展へ行ってきました

正面の看板は、今回の目玉なのでしょう 着衣のマハ



建物入口には、カルロス4世の末っ子、フランシスコ・デ・パウラの肖像でした
実際の作品では、王子としての風格が感じられました



図録の表紙は着衣のマハ
裸のマハは来日していませんでしたので、右側のクリアケースを購入しました
裸のマハと着衣のマハが、両面に描かれています



駆け足でしたが常設展も観ました
もし、松方コレクションが完全な形で日本に来ていたらと思うと、ちょっと残念ですね




同じカテゴリー(おでかけ)の記事画像
大山崎山荘美術館20120908
京都近代美術館と国立博物館
姫路城(修理中)
箱根蓬莱園
松伯美術館と大和文華館
沢の鶴蔵開き
同じカテゴリー(おでかけ)の記事
 大山崎山荘美術館20120908 (2012-11-25 21:57)
 京都近代美術館と国立博物館 (2012-08-15 12:48)
 姫路城(修理中) (2012-08-15 12:12)
 箱根蓬莱園 (2012-08-15 11:22)
 松伯美術館と大和文華館 (2012-05-25 22:54)
 沢の鶴蔵開き (2012-04-08 20:41)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE

神戸の会社設立屋が送る神戸時計

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人