2011年05月04日

大阪市立美術館~歌川国芳展



 幕末の浮世絵を大量に観ることができます
http://kuniyoshi.exhn.jp/

一度に展示できないためか、前期・後期の2回に分けて展示されるようです

武者絵の迫力に圧倒されました
歴史の知識があると一層興味深く鑑賞できるのでしょう

猫や金魚の画や影絵は、ユーモラスで楽しいですね

肉筆画は4点展示されていましたが、やっぱりこちらの方がいいですね






 図録も充実しています
展示作品が400点以上あるため、図録も340ページもあります
表紙だけでなく見返しと裏表紙もご紹介します

前期は5月8日まで、後期は5月10日から6月5日まで
できれば後期展示も観に行きたいと思っています

大阪終了後は、
静岡市美術館 7月9日から8月21日
森アーツセンターギャラリー 12月17日から来年2月12日



同じカテゴリー(おでかけ)の記事画像
大山崎山荘美術館20120908
京都近代美術館と国立博物館
姫路城(修理中)
箱根蓬莱園
松伯美術館と大和文華館
沢の鶴蔵開き
同じカテゴリー(おでかけ)の記事
 大山崎山荘美術館20120908 (2012-11-25 21:57)
 京都近代美術館と国立博物館 (2012-08-15 12:48)
 姫路城(修理中) (2012-08-15 12:12)
 箱根蓬莱園 (2012-08-15 11:22)
 松伯美術館と大和文華館 (2012-05-25 22:54)
 沢の鶴蔵開き (2012-04-08 20:41)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE

神戸の会社設立屋が送る神戸時計

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人